女性ならではの病気の子宮がんや乳がんを早期発見して治療すると言うことは、健康に繋がりと言うことになります。

健康を守る 病気にならない体づくりのノウハウ
健康を守る 病気にならない体づくりのノウハウ

女性の健康は病気の早期発見

我が国の女性の平均寿命は現在世界一位です。

その結果から見て、それだけ健康に気をつけてういる人が多いと言うことが言えると思います。
しかし、そのような健康な人の多い日本女子でも病気になる人もいます。
それが軽い病気であれば良いのですが、ガンなどですと深刻です。

女性がなるがんでは子宮がんが乳がんとともに有名だと思います。
子宮がんに関しては早期発見でしたら完治する可能性が高くなってきています。
この病気の検診はよく自治体の検診などで聞きますし、私の街でもよく広報に無料の検診の案内が載っているのを見かけます。
そして検診を受ける人も多いと思います。
ではなぜ早期発見ができないのでしょう。それは自治体などでの検査は子宮けいがんのみの検査が多いところに原因があるようです。

子宮がんには主に、子宮けいがんと子宮体がんとがあります。
そして検査方法も違います。
子宮けいがんは子宮の入り口にできるがんで、

子宮体がんは子宮の奥の内膜にできます。
そして子宮体がんは閉経後に起こる場合が多く、子宮けいがんもやはり50才代が多いが、若い世代でも発症するのが特徴です。

子宮体がんのリスクのチェックとしては子供を生んだ人がない人、月経が不規則な人、肥満の人は注意が必要なようです。

また不正に出血するのもがんのサインになる場合があるようなので、すぐに専門医に見てもらうのがいいようです。

このように女性の特有である子宮がんの発生のリスクを抑えることは、乳がんとともに、女性の健康に繋がると言って良いでしょう。
お勧めのサイト