運動をすることで、さまざまな病気を予防することができます。健康な生活を送るため、少しずつ運動を始めましょう。

健康を守る 病気にならない体づくりのノウハウ
健康を守る 病気にならない体づくりのノウハウ

病気を予防して健康な生活を送るための運動

ウォーキングをすることで、様々な病気を防ぐことができるとききました。
心身ともに健康でいるために、少しの時間でも歩いています。
いちばんいいのは、朝起きて朝食前に歩くことだそうです。

ただ、冬などの寒い時期は、高齢の方には心臓の負担になることもあるそうなので、十分な防寒と準備運動が必要です。

夏は朝早いほうが涼しいので、ぜひ暑くなる前に近所を歩いてみましょう。ウォーキングをすると、心肺機能も鍛えられますし、代謝も上がります。
簡単にできてお金もかからないし、生活習慣病の予防にはもってこいです。

また足を使うと、衝撃で骨が強くなるため、骨粗しょう症の予防にもなるそうなのです。

このとき、少し強めに足を着地させると、衝撃が強く伝わるのでいっそう効果があるようです。

ウォーキングでも、歩き方を様々に変えたり、早さを変えたりしてみると、さまざまな効果がありそうです。

そして、精神衛生にもウォーキングがおすすめです。

人の脳は、同じ場所にずっととどまっていると疲れてきて、イライラすることがあります。
目からいろいろな情報を入れることで脳が活性化し、リフレッシュできます。
その際は、「昨日はまだ咲いていなかった花が咲いてるな」とか「涼しくなってきたから雨が降るかも」など、五感をフルに使い、歩くのを楽しむのがコツです。

特に、視覚から入ってくる刺激はダイレクトなので、考えが煮詰まったなと思ったら外へ出て、たくさんの景色を見るのがおすすめです。

お勧めのサイト